福岡で開催されているナイスな音楽イベント Vol. 1

タイトル通り、福岡で開催されている音楽イベントや企画団体、レーベルをご紹介します。

定期・不定期限らず、何度も開催されているイベントに限定し、かつNarrativeの独断と偏見で選出してるので、あれが抜けてる、これが抜けてる、は勘弁を!順番も特に意味はありません。

ここに載せてるイベントはナイスと言い切れるので、読者のみなさんもぜひアンテナを張っておいてほしいです!

ではいきます。

Republik

http://republik.jp/
https://twitter.com/republik_jp
https://www.facebook.com/RepublikMagazin/

“music for quiet life” を合言葉に、心が穏やかになる音楽を福岡に紹介しているコミュニティ、Republik。

ピアノソロ、ポストクラシカル、アコースティックアンサンブルのようなジャンルで、国内外問わず、とにかくクオリティが高いアーティストを福岡に招待。

しかも、カフェや教会など、素晴らしいロケーションでイベントを開催しています。

多いのはpapparayrayや日本福音ルーテル博多教会など。ライブハウスやクラブと違い座って静かに音楽に浸れるのが魅力です。

flauやKITCHEN. LABELといった国内重要レーベルイベントの福岡公演を開催することも多く、最近10月にはドイツからピアニストのHenning Schmiedt、12月にはFOLKLORE(AOKI,hayato と haruka nakamura + 内田輝)の公演を開催。

otonoha

https://twitter.com/otonohatb
https://www.facebook.com/otonoha-133190266761323/

ミニマルテクノやエレクトロニカを中心に福岡で長く続けられてるパーティ。主にKIETH FLACKに国内外の良質なアーティストを招いています。

過去にはmoskitooやAOKI Takamasaなどを招聘。2001年発足の老舗イベント、歴史の数に呼応するクオリティがあります。

IMPULSE

https://twitter.com/IMPULSE_Fukuoka

福岡のロックバンドが集まるライブイベント。開催回数は30回を突破し、福岡のロックシーンIMPULSEにあり!と言えるイベントです。

ひとくちにロックと言ってもバンドはさまざま。ギター邦ロックからエレクトロバンドまで、いろんなジャンルの音楽を集められるのが凄いところです。

IMPULSE(衝動)の名の通り、エネルギッシュでインパクトの強いイベントを随時開催中。

yesterday once more

https://twitter.com/yes1cemore
https://yesterdayonecemore.bandcamp.com/

日本全国からも注目される福岡の最重要エレクトロレーベル。

レーベルツアーは国内のみならず海外にも伸ばし、イベント・リリース共に福岡のみならず日本においても注目されています。

アーティストの招聘もですが、主宰陣アーティストの方々のレベルがとにかく高いです。

直近11月にも東京・福岡・台北でパーティを開催。福岡で最も先進的な音が鳴ります。

liminal

https://twitter.com/liminal_fukuoka
http://fukuokaliminal.web.fc2.com/

電子音と生音が入り混じるオルタナティブなLIVE&DJイベント。

ミニマルやテクノ、ポストロックが好きな人にはガッチリハマりそうです。主宰のmacro room groupが休止してからは開催されてませんが、近々再開のうわさも。

純粋な音楽愛に満ちたナイスなイベントです。

西風

https://twitter.com/asu214
http://nisikaze-rireki.tumblr.com/

Schroeder-Headz、predown、あら恋、UHNELLYS、outatberoなど、日本のセンスフルなアーティストと地元福岡のミュージシャンを一緒にブッキングする希望にあふれたイベント。

開催も30回を超え、特に福岡のバンドシーンにおいて超重要なイベントに位置付けられています。

出演する福岡のミュージシャンも大御所から若手まで、センスのいい方々が集います。

ABOUT MUSIC

http://aboutmusic.jp/
https://twitter.com/aboutmusicjp

福岡のイベント制作・企画を行う団体。

日本のクラブ / ライブシーンを引っ張るアーティストを多数招致しています。

つい先日唐津で開催されたLiving AlohaではtoeやLOSTAGEなど大物をブッキング。福岡のポップ・ダンスロックカルチャーにはまず欠かせない存在です。

特にクラブシーンに強いバンドやクリエイターと結びつくが強く、福岡の、特にKieth Flackのフロアを沸かせています。

ex

https://twitter.com/duennjp

ノイズ、ドローンアーティストのduennが主催するレーベルイベント。

過去には、Nyantora、浅野忠信、岸田繁に加えOvalやO.P.Nなど海外のアーティストをもブッキング。東京でもイベントを開催するなど、福岡にとどまらず日本の実験音楽イベントとしても注目されています。

実験音楽を聴くならex。間違いなしです。

他にもいいイベントやレーベル、もちろんございます。文字数の関係で入ってないんですが、それはまたVol.2のときに書きたいと思います。