「アーティストの価値を上げたい」福岡発エレクトロクリエイターの現在地:轟恭平(ALTER EAGO)前編

text by 糸山晃司

重ねたシンセに無機質なビート。そこに乗っかるのは絶妙にザラついたノイズやミックスボイス、ファルセット。センス良く仕上げられた洗練された音楽。

福岡発東京行きのエレクトログループ、ALTER EAGOのフロントマンが語る現在地と未来とは。

今回の取材では生々しく「お金」や「上京」について話していただきましたが、その意図とは・・・。

久留米で音楽活動をスタート

――小5の時にクリスマスプレゼントで親にギターを買ってもらったのが初めてギターに触った。とにかく福山雅治の虹が弾きたかった。中学生の時は島村楽器に入り浸ってGo!Go! GUITARをひったすら見てた。今でも久留米に戻ると島村楽器に行きたくなる。

初めて人前で演奏したのは中学校の文化発表会。当時ギターに興味のあった同級生3人で、それぞれが自作曲を披露しました。

その後中3でOasisが好きになり、よくある邦楽全否定の時代に突入します。

久留米の名門進学校、明善高校に入学し、初めて結成したバンドは2ピース。ホワイトストライプスのようなガレージロックでした。

当時同級生でひときわレベルの高いバンドにいた伊藤暁里氏(現Taiko Super Kicks)の存在は、今でもモチベーションになっていると言います。

――ライブハウスに遊びに行って、同じ年代の高校生バンドが退屈な音楽やってる中で、途中で出てきた暁里のバンドだけは格が違ったのを今でも覚えてる。

伊藤暁里氏をずっと追いかけて、2ピースで木下楽器店やライブハウスWest Pointでライブ活動をします。高校3年のとき、「受験が終わったらバンドやろうっ」と約束するも叶わず。彼は早稲田大学、轟は西南学院大学に進学します。

悶々としていた大学時代

その後、西南学院大学に進学。音楽サークルに入り、the sharaqueというバンドを結成。このバンドもALTER EAGOとはまるで違うロックサウンドでした。

――自らのバンドにアイデンティティや自信が持てず、当時大学生バンドシーンを牽引してたSPLICEというイベントが面白いと思えなかった自分が悔しかった。同じ世代なのに自分の言葉やアイデンティティを確立させてるやつらが眩しかったし羨ましかった。

the sharaqueというバンドにも絶対的な自信は持てず、かと言えど自分を表現する手段で思いつくのは音楽のみ。轟は何とも言い難い悶々とした時期を過ごします。その後、就職活動を機にバンドは解散。轟はアイデンティティを確立できぬままフリーター期へ突入します。

大学卒業後に出会ったDTM

大学卒業後、なんとなくMacを買って始めたDTM。最初はエレクトロを作ろうなんて気は毛頭なく、バンドができないがゆえの「つなぎ」の活動だったと言います。

そんなとき、ライブハウスUTEROからライブに出てくれないかと声が掛かります。

――たまには違うことやりたいと思って、大学の軽音の先輩だったjessieを誘って打ち込みと鍵盤と合わせて2人でライブやってみたのがキッカケ。まだまだそのときは今とは別バンドみたいだったけど、そこから洗練されて今に至る。

エレクトロバンドというと小難しいと思われるかもしれませんが、日本のポップスも十分エレクトロ要素が入っています。それでも、轟は打ち込みと同期でライブをやり始めた当時は、新しいことをやっているという感覚でした。

――不思議なもんでさ、今まであんまり見かけないと思ってたエレクトロも、始めるとめっちゃカッコイイ人らがわんさかいるのが見え始める。macro room groupなんてめっちゃクールだったのになんで気づかなかったんだろうって。

思い付きで始めたエレクトロミュージックこそが自分のアイデンティティになり得るのか。轟はかすかな手ごたえを掴みながらその音楽を洗練させていきます。

後編:アーティストの価値とお金と上京

轟恭平:エレクトログループALTER EAGOのフロントマン。2017年10月には福岡市科学館内プラネタリウムにてワンマンライブを行うなど、既存の枠を超えたステージングを追求。2018年より活動拠点を東京へ。