「不器用だからこそ」走り続けて見えたもの:鶴浩幸(IRIKO)前編

text by うえみずゆうき

福岡のバンドシーンを牽引するIRIKO。全国を飛びまわる精力的な活動で、今や福岡を代表するバンドの1つになりました。そんなIRIKOのフロントマン 鶴浩幸の半生とIRIKOの13年間の軌跡についてご紹介します。

音楽好きの一家に生まれ育つ

八女郡広川町、自然豊かな町に生まれ育ちました。

–僕が音楽に興味を持ったのは家族の影響ですね。生活の中に音楽があったことは大きかったと思います。

父は地元のクラシックギターの楽団に所属。 姉がピアノを習っていたことなど、家庭の中に音楽や楽器が当たり前にある環境の中で育ちました。

鶴自身も小学3年生からピアノを習い始め、音楽に自然と興味を持つには十分な環境でした。

NUMBER GIRL SHOCK!

はじめてエレキギターを手にしたのは中学1年のとき。

–奥田民生さんが弾いてるギターがかっこいいなと思って、TOKAIのレスポール(エレキギター)を買ったんですよ。でも、そんなにおもしろくないなって。結局、部屋に飾ってましたね。

すっかりインテリアと化したギター。 そんな鶴に、熱を吹き込んだバンドがいました。

–中学2年のときにNUMBER GIRLの音楽に出会って。それが衝撃だったんですよ。それまで音楽は聴くもの・観るものだと思っていたんですけど、NUMBER GIRLを聴いて「バンドやりたい!」って思い始めたんです。

とはいうものの、まわりに楽器が弾ける知り合いはなく、活動を始めるには至りませんでした。 バンドへの思いを胸に秘めたまま中学を卒業しました。

IRIKO誕生

高校1年の終わり、チャンスが訪れます。

–バンドやってる先輩から「イベントするけど、鶴くんライブ出らん?」って言われて。当時、別に何もしてなかったんですけど、「出ます!」って返事しちゃったんです。

急いで幼なじみに声をかけて、バンドを結成。 選考基準は「家に楽器があるか」です。

「IRIKO」誕生の瞬間でした。

初ライブでは、NUMBER GIRLのコピーとオリジナル曲を演奏。 ステージに立つ興奮を覚え、バンド活動をしたい気持ちは一層高まりました。

初ライブをきっかけに他のライブにも誘われるようになり、精力的にライブ活動を行いました。

しかし、楽しい時間もそう長くは続きません。 卒業後の進路を考える時期が来ました。

–高校3年になって受験勉強のため1年間休むことにしたんです。「進路が決まって、もしみんな近いところにいたらまたやろうか」って言ってて。そしたら、まんまと全員近くに進路が決まったんです。活動再開することができました。

「やるとしたら本格的にやりたい」という気持ちから、活動の拠点を福岡市に移すことを決意。 デモテープをビブレホールに持ち込み、福岡でのキャリアをスタートさせました。

「不器用だからこそ」走り続けて見えたもの:鶴浩幸(IRIKO)前編
鶴浩幸: 八女郡広川町出身。2004年、IRIKOを結成。ボーカル・ギターを担当。IRIKO公式webサイト